過去作の今後について

アポクリファ・ゼロのKindle化告知をしてから、「ファンタシリーズやPWAも……」というご要望もかなり頂くようになりました。
kira*kiraについても海外の方から熱心な復刻希望を頂き、前向きに検討しております。

とはいえ、ゲームは総合芸術。根幹となる部分を作っているとはいえ、私一人のものではありません。
よく誤解されますが、私はゲームシステムにはまったく関与しておりません。
基本の立ち位置は「外注」、ただの下請けなので、続編希望など頂いても、私に実現する権利はありません。

しかし発売してから十年、二十年経ちますと、それら権利を持っている会社がなくなってしまうこともあります。
残念ながら、「ファンタスティックフォーチュン(無印)」については今、権利について話せる窓口が存在しません。

しかしほかの作品については、権利元の会社さんから再利用の許諾を得ました。
どちらの会社さんも「ぜひに」という懐深いお返事をくださり、とても感謝しております。

  • Apocripha/0
  • ファンタスティックフォーチュン2
  • エンジェル・プロファイル
  • Kira*Kira
  • プリティ・ウィッチ・アカデミー!
  • ホワイトヘヴン

以上の作品については、私の手持ちの時間と予算が許す範囲で、再び皆さんに楽しんで頂ける道をなんとか考えてみたいと思っています。
とはいえ個人作業になりますので、絶対にやるとは言えませんし、赤字の見通しになれば途中で断念する可能性も高いです。
同人誌と同じく、趣味の延長としての活動になりますが、応援して頂けたらがんばります。(笑)
よろしくお願いします。

ファンタスティックフォーチュン2については、Twitterでご意見を拾わせて頂き、ひとまず「猫ト指輪ト蒼色絵本」のみ、公開してゆくことにしました。
よろしければご覧くださいませ。クリエイターサポートをして頂けると、柏手を打って感謝します。(見えない!)

ゆうきあずさのNote